派遣社員の実態

派遣社員の実態って、どんなものなんだろうか・・・・?
いろいろ聞くけど、でもホントのところは実際に働いてみないと分からないだろうな・・・・と、こんな風に思っている方も多数いらっしゃると思います。そんなあなたのために、このページでは、派遣社員の実態について書いてみました。

人材派遣に限らず何しても、物事にはいい側面と悪い側面があるものです。
派遣社員という働き方も、明確な目的意識をもっていれば悪くない・・・・・・いや、とても便利な働き方だと思います。

人材派遣会社が求める派遣社員の実態

派遣社員の働き方.実態

派遣社員の給料の支払いは、雇用契約のある人材派遣会社から出されます。ですが、派遣されている企業からの契約期間が満了すると、引き続き契約が更新されるか、仕事が終了になるかのどちらかになります。
だから契約が終了した場合は、次の仕事先を探さなければいけないのが派遣社員の実態ですが、契約先の派遣会社がタイミングよく次の新しい職場を紹介をしてくれればいいですが、なかなかそうはうまく行かないのが現状です。
ですから派遣社員は、仕事の紹介がなく、働かない期間が続くこともあるということを覚悟しなければなりません。企業が派遣社員に求めるものは、高度なスキルのある人を雇い、即戦力とするのが企業の狙いです。社員教育が必要ないこと、即戦力になること、必要な時に必要な数だけ人材をそろえ、働いてもらう・・・・・というように、企業にとって都合のいい人材、それが派遣社員ということになるのです。
雇う側の雇用条件に、仮に「未経験可」とあったとしても、実際は未経験よりは経験者のほうを取りたいと思っているはずです。なので、派遣社員としては未経験者というだけで、とても不利に働きます。だから、アルバイトでも何でもいいですから、何かしら経験を積んでおくことが大切です。そうすれば、派遣社員として「実務経験」として公表ができるからです。経験を重視している場合は「専門学校に通った」とか、「長く趣味でやって知識はあります」などでは、通用しない場合が多いことも忘れないでおきましょう。

明るさを出していこう!

明るさを出していきましょう。なぜならほとんどの企業が、やはり明るい人材を望んでいるのが実情のようです。ですので、面接の際は、できるだけ「明るい人」というイメージを印象付けましょう。

まとめ

「派遣社員」と聞けば、働き方の条件面で賛否両論あると思います。
ですが派遣社員は自分の好みに合わせて仕事を選べる、複雑な人間関係に巻き込まれることもない、アフター5を趣味等に有意義に使いたいなど時間的な余裕も一杯持てますので、明確な目的意識をもって臨めば、これほど便利な働き方はないとも言えないでしょうか?

2014/11/12 更新