人材派遣情報局

人材派遣とは

人材派遣とはアメリで最初に導入され、日本ではまだそんなに歴史は浅く、1985年の労働者派遣法により認められた比較的新しい雇用形態のことで、 今では正社員、アルバイト/パートに次ぐ第3の雇用形態として広く認知されてくるようになりました。色々な考えがあると思いますが、正社員で一つの会社に一生掛けて働くと思っている方も沢山いるとは思います。ですが、中には「一つの会社でずっとやっていく」という覚悟を持っていない方がいるのも事実です。バブルがはじけて不景気になり、それから早いもので10年以上が経過して、長い間信じられてきた終身雇用と年功序列の2大神話が崩れてしまい、バブルがはじけてしまったがために、いくつものの会社が倒産していきました。
そのようなことから、若い世代を中心として勤続3年以内の離職率が、中学卒で7割、高校卒で5割、大学卒で3割という、「753現象」がいわれるようになりました。これにより、正社員の形態にとらわれず、非正社員として働くという選択をする人が着々と増え、それに伴い、非正社員の雇用形態も、パート、アルバイト、契約社員、人材派遣など、多様化してきています。
形態が変化するに伴い、近年では一つの会社にずっと縛られることなく自分に合う仕事を探す為に、「派遣」という勤務スタイルが支持され始めたのではないのかなと思います。
人材派遣事業は、近年では拡大傾向にあり、人材派遣の会社の数も増加の一途を辿っています。


それに、人材派遣というのは、さまざまな会社に行って仕事をするため、職種も多種多様。
そのおかげで、前までは「経理」というものが未知の世界だったのに、派遣により経験することで、今では「経理」が理解できる様になった。
なんて事がよく起こっていたりします。また、それが派遣の魅力の、一つでもあります。
ただ、一言で「派遣は素晴らしい」と言っても、何も知識がないまま飛び込むと間違ったことにもなりかねません。
登録、契約、給料、保険・・・など、重要なポイントを理解しておかなければ、派遣で楽しく仕事なんてできないからです。
そこでこのサイトでは人材派遣に関する知識をご紹介していきますので、皆様の選択肢の参考になればと思います。

人材派遣の仕組み

人材派遣の仕組みを皆さんはご存知でしょうか? 「派遣社員」「人材派遣」という働き方にどんなイメージを持っていますか?
派遣社員としてお仕事を探されている方に、この質問をすると「正社員より敷居が低くそう」「アルバイトやパートより時給がぜんぜん高い」などの声を聞きます。
ふつうのお仕事では、労働者と勤務先雇用主の2者同士で契約しますが、人材派遣では、派遣社員・派遣会社・勤務先(派遣先企業)の3者での契約になります。
なので、人材派遣スタッフは、正社員やアルバイトと少し働き方や立場が違います。
では一体、「派遣社員」「人材派遣」というものはそもそもどういう仕組みで成り立っているのでしょうか?
「派遣社員」とは、雇用契約を登録している人材派遣会社と契約を結び、その派遣会社と契約を交わしている派遣先企業へ派遣されて仕事をするのです。
雇用契約は、人材派遣会社から仕事を紹介してもらい、派遣先企業が決まった時点で人材派遣会社との間で成立します。雇用契約が結ばれると、派遣会社から派遣先企業に派遣され、具体的な仕事の指示は派遣先企業から受けます。
給与は派遣先企業ではなく、雇用契約を結んでいる派遣会社から支払われます。 そして、派遣期間の終了と同時に、雇用契約も終了します。 ですので、ただ派遣会社に登録しただけでは雇用関係は成立しません。
また、企業によっては派遣社員にも社員研修を行っているところもあります。派遣社員から正社員になるときは、再度社員研修を実施しなければならない会社も多いと思います。

注目サイト

オリジナルTシャツのプリント、激安作成なら【クラTジャパン】にお任せ下さい。プリントTシャツから無地パーカーまで!学園祭、イベント、さまざまなシーンで活躍します。全国の依頼に対応しております。お気軽にお問い合わせ下さい!

tシャツ